泣きゲーの開拓「ONE 〜輝く季節へ〜」

泣きゲーの開拓「ONE 〜輝く季節へ〜」

 Leafのビジュアルノベルシリーズによって、美少女ゲームは読むゲームという新たな開拓を見出した。ゲーム性が失われる可能性がある中、読むゲームは恋愛アドベンチャーゲームとして進化を遂げ、一つのジャンルが生まれた。

 ・ Keyのルーツ「ONE 〜輝く季節へ〜」

 BaseSonの「恋姫†無双」シリーズでおなじみの株式会社ネクストン。その会社の一つのブランドであったTactics。
 Tacticsは1998年6月26日Windows用ソフト「ONE 〜輝く季節へ〜」を発売し、泣きゲーという新たなジャンルを生み出した。

 ビジュアルノベルで読むゲームをしていたプレイヤー達が、次に注目したのはこの恋愛アドベンチャゲーム「ONE 〜輝く季節へ〜」。このゲームに嵌ったプレイヤーはその涙腺を崩壊させた。後に泣きゲーと呼ばれるジャンルを開拓し、定番のスタイルを生み出した。

 Tacticsは前作、鬼畜サイコ涙腺弛まし系ADVの「MOON.」のスタッフで新しいゲームを作ることになった。「ToHeart」のヒットによって、それに似たゲームを製作することとなり、「ONE 〜輝く季節へ〜」が生まれた。
 このソフトは、現Keyのスタッフが製作している。企画・脚本が麻枝准、原画が樋上いたる、音楽が折戸伸治というメンバーであった。そのことから「ONE 〜輝く季節へ〜」もKeyの作品として数えられている。
 Leafの文章で読ませるビジュアルノベルシリーズに対して、Keyは立ち絵を効果的にスクリプト(編集)することで余計な文章を省き、プレイヤーに主人公の心情を伝えている。従来の紙芝居型であるが、Keyの場合、文章が短く、余計な情報がないために、その物語の世界観とキャラクターの個性がすぐ理解できる。前置きが短く、敷居が低いので、簡単にそのストーリーに没頭できるのだ。

 この頃からKeyの不思議な世界観を構築するカギである「永遠の世界」というのがある。CLANNADのいうところの幻想世界みたいなもうひとつの世界である。
 記憶が消えてしまう「永遠の世界」についての定義は曖昧だが、この曖昧さ加減はある種、エヴァンゲリオンの謎みたいな曖昧さでもあり、プレイヤーを引きつけた要素でもある。なお、「永遠の世界」についての定義がシナリオライターごとに様々な解釈があり、この用語自体、確立されていない。

「ONE 〜輝く季節へ〜」は後にOVA化し、一般向けと成人向けの二つが発売している。ここでも、「永遠の世界」の定義は分かれている。
posted by 宋江 at 01:23 | game | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。