「智代アフター」までの美少女ゲーム業界の流れ

「智代アフター」までの美少女ゲーム業界の流れ

 ・ 2005年、アニメ化する美少女ゲームたち

 電車男のドラマによってヲタク文化は市民権を得て、メイド喫茶や「萌え」と言葉が認知されるようになった年。ソフト倫理機構の規制も少しずつ緩和し、モザイクCGがきめ細かくなり、卑語も使用してもいいこととなった。メディア倫理機構へと加入するソフトメーカーが増えたことも理由であろう。
 また、ビジュアルアーツは、2005年10月15日に、日本武道館で武道館ライブを行った。これは美少女ゲーム業界の初の武道館ライブでもあり、美少女ゲームのテーマソングが武道館ライブで披露された。

 2005年1月28日キャラメルBOXから「処女はお姉さまに恋してる」が発売された。男が麗しの女学園へと進入するために女装する女装モノが話題となった。後に「乙女はお姉さまに恋してる」で2006年10月にアニメ化し、当時、美少女ゲームからアニメ化が失敗の多い時代であったが、この「乙女はお姉さまに恋してる」は高評価を受けた。

 2005年4月28年Overflowから「School Days」が発売した。体験版がボリュームがあったことや、フルアニメーションということもあり、前評判がよかった。
 アニメーションといえば、ソニアの「Viper」シリーズや、Jellyfishの「GREEN 〜秋空のスクリーン〜」などの全体的にアニメーションのあるゲームと、HアニメーションのみのTech Arts系ソフト(「メイドさんと大きな剣」のMay-Be SOFTなど)が挙げられる。しかし、「School Days」は日常パートにもアニメーションが入っていたことでストーリーにも重点を置いていた。
 その肝心のストーリーである三角関係の恋愛劇から、ドロドロの恋愛劇へとなり、その躊躇しないストーリー展開に、プレイヤーを欝にさせた。まさいく、欝ゲーのきわみとも言われるゲームであった。
 その上、主人公の伊藤誠は絵に描いたようなだらしない男であり、美少女ゲームの主人公でも屈指の嫌われキャラとなった。(選択によってはまともにはなる)「ヤンデレ」という言葉が一般的になったのも、この頃からである。
 2007年7月にアニメ化したが、当時の社会的背景を考慮し、最終回は放映しなかった。その最終回を見た人はこれは放送できないと納得できる内容であり、「School Days」はアニメ史に残る伝説を残した。

 「SWAN SONG」や「最果てのイマ」、「車輪の国、向日葵の少女」などシナリオの凝った大人向けの美少女ゲームが出てくる中、2005年8月26日きゃんでぃそふとから「つよきす」が発売された。当時、ツンデレが流行であったこの時代で、このつよきすはツンデレキャラばかり登場する作品だと宣伝していた(だが、肝心のツンデレキャラがそんなにいなかった)
 このソフトは腹から笑えるゲームであり、バカゲーを確立させた作品でもあった。シナリオだけでなく、スクリプト(立ち絵の編集)にもこだわり、美少女ゲームにしては珍しい声優ネタも多数あった。ゲームならではの演出や、美少女ゲームでもおかまいなしのネタに、よりこのゲームの面白さを引き出させた。
 後に、つよきすは2006年7月にアニメ化されたが、原作を蔑ろにした作品であったために、大半のファンにとって黒歴史になった。

 スタンダードな恋愛アドベンチャーゲームとしては、2005年9月22日AUGUSTの「夜明け前より瑠璃色な」がある。なお、「夜明け前より瑠璃色な」が2006年10月にアニメ化したときの作画崩壊は「ロストユニーバス」と共に語り草となっている。この頃から美少女ゲームのアニメ化は不安なものになってきた。

 ・ 「智代アフター It's a Wonderful Life」

 2005年11月25日、Keyから「CLANNAD」の外伝的作品「智代アフター It's a Wonderful Life」が発売した。「CLANNAD」のキャラクター、坂上智代の1人にフォーカスした作品であり、18禁要素を加えたゲームのほかに、シュミレーションRPGもついたソフトであった。
 企画・シナリオ、麻枝准さんが比較的自由に、実験的に作った作品でもある。発売当初、評価よりも批判する声が高く、ショックのあまり1、2ヶ月の休職に追い込まれた。
 その後、コンシュマー化したことでシナリオを増やしたことや中身を少し変えたことでファンの間でも納得できる出来となった。
posted by 宋江 at 01:26 | game | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。