3年半延期された「CLANNAD」が発売されるまでの美少女ゲーム

3年半延期された「CLANNAD」が発売されるまでの美少女ゲーム

・ 乙女ゲームの発展、一方で問題視されるゾーニング

 美少女ゲームが飽和する中で、老舗美少女ソフトメーカーのアリスソフトが定価8800円があたりまえだった時代に、新規ジャンルの開拓の場として「妻みぐい」や「DALK外伝」など2800円の低価格ソフトを売り出すようになった。その一方、アリスソフト傘下のブランド、アリスブルーから2002年11月29日に「俺の下であがけ」を発売し、乙女ゲームの開拓を広げていく。
 同時期に、ビジュアルアーツ傘下のSprayがボーイズラブ(BL)アドベンチャーゲームの「学園ヘヴン BOY'S LOVE SCRAMBLE!」を発売した。この「学園ヘヴン」は後にアニメ化し、2006年4月1日からAT-Xで放映された。
 美少女ゲームだけでなく、乙女ゲームにも18禁要素を組み入れたことで、乙女ゲームは新たな道が広がったのであった。

 パソコンのOSがWindows XPになり、ゲームの記録媒体がDVD-ROMへと移り、音声のフルボイス化が当たり前となり、デモムービーに力を入れる美少女メーカーも出てきた。
 インターネットも一般家庭に普及するようになり、美少女ゲームの情報がネットからでも簡単に知るようになった。しかし、その一方、美少女ゲームの情報が少年たちにも手が届くようにもなり、一定のゾーニング(年齢により購入や閲覧などできるものを制限して年令別に分ける事)が求められるようになった。

 ・ コンシュマーを意識する美少女ソフトメーカー

 2002年代の美少女ゲームは様々な名作が出てきた。2002年04月26日Leafの「うたわれるもの」、2002年07月05日Littlewitchの「白詰草話」、2002年11月01日戯画の「BALDR FORCE」(後に追加要素を加えた「BALDR FORCE EXE」も登場)が発売された。これらはゲーム性のあるゲームであり、性的描写を省くことでコンシュマー化(家庭用ゲーム機への移植)したことでも有名なソフトである。
 ゲーム性のあるゲームでも、コンシュマー化を意識することで、あらかじめ性的要素を取り払う。その影響で美少女ゲームはより大衆化する流れとなっていく。
 その一方、始めからコンシュマー化しないストーリー中に性的表現やグロテスクな表現を取り入れた美少女ソフトメーカーも存在する。2003年12月19日発売「大番長 Big Bang Age」のアリスソフト、同日発売「幻燐の姫将軍2 〜導かれし魂の系譜〜」のエウシュリー、2003年12月26日発売「新・御神楽少女探偵団」のelfなどはそうだといえる。性表現やグロテスクな表現を取り入れた分だけ刺激となり、ゲーム性、シナリオや世界観の幅が広がっていった。

 ・ 更に広がるアドベンチャーゲーム

 美少女ソフトメーカーが大型企画であるゲーム性のあるゲームを発売する一方で、従来のアドベンチャーゲームにも変化が出てきた。

 2002年6月28日にはCIRCUSから「D.C.〜ダ・カーポ〜」が発売された。「D.C.〜ダ・カーポ〜」は名作ではあるが、数多く出ているシリーズものとしても有名である。今日までそれぞれ違うエピソードを追加した本編ディスクが9本出ており、それに加えて、ファンディスクもあるため、数えきれないほど出ている。
 何処ぞのAKB48商法だと思えるが、それでも食いつくファンが居るために、人気のある作品はどんなものでも網羅するファンがいることがここから伺える。

 2003年2月28日、アージュの「マブラヴ」が発売された。超王道学園アドベンチャーゲームと謳われたそれは、中身を開けてみると、もう一本のシナリオは現代のパラレルワールドを舞台にしたSFアドベンチャゲームでもあった。
 後に、2006年2月24日に、続編の「マブラヴ オルタネイティヴ」が発売された。SF超大作のそれは多くのプレイヤーを燃えあがらせ、18禁ならではのグロテスクなシーンや精神的な重たいシーンで欝にさせ、最後は涙した。JAM Projectを起用したオープニングテーマの「未来への咆哮」がロボットモノの燃えゲーをイメージさせた。
 また、18禁とはいえ、あまりのグロテスクなCGに批判するプレイヤーがいたことで、緩和パッチが配布されている。これは美少女ゲームが大衆化したことの表れでもあり、メーカーもグロテスクシーンなどに配慮するようにもなり、凌辱シーンを飛ばす選択肢を加えるメーカーも表れた。
 なお、このソフトはメディア倫理機構が審査した初めてのソフトでもある。

 同じような燃えゲーといえば、2003年4月25日発売のニトロプラスの「斬魔大聖デモンベイン」がある。クトゥルー神話を題材にしたSFアドベンチャーゲーム(荒唐無稽スーパーロボットADV)であり、ニトロプラスならではの3Dを駆使した背景とロボットと、登場人物たちのCGをうまく取り合わせた作品でもある。後に、「機神咆吼デモンベイン」としてプレイステーション2で発売し、2006年5月18日アニメ化もされた。

 一方、恋愛アドベンチャーゲームとしては、オーガストの「月は東に日は西に〜Operation Sanctuary〜」や、セカイ系泣きゲーとしてはフライングシャインの「CROSS†CHANNEL」が2003年9月26日に発売された。どちらも名作であり、2003年を代表するアドベンチャーゲームである。

 ・ 伝奇と童話「Fate/stay night」「Forest」

 CLANNADが発売される2004年、CLANNADが話題になる前に、ある一本のソフトが話題となる。2004年1月30日TYPE-MOONから発売した「Fate/stay night」である。TYPE-MOONは既に同人ゲームの「月姫」で名を知られており、美少女ゲームに参入した際に出したソフトが伝奇活劇ビジュアルノベルの「Fate/stay night」であった。
 ゲームエンジンがフリーソフトウェアの吉里吉里2であり、ゲーム性はあまりないといえる。だが、シナリオにこだわったことで、アリスソフトの「アトラク=ナクア」以来、読ませるゲームが現れたといえる。
 ボリュームのあるシナリオもさることながら、奈須きのこの書く独特の世界観とキャラクターに、プレイヤーはその世界観に魅力される。「Fate/stay night」は続編の「Fate/hollow ataraxia」を出し、2006年1月にアニメ化もされた。

 一風、変わった美少女ゲームといえば、2004年02月13日発売したLiar Softの「Forest」がある。Liar Softは美少女ソフトメーカーの中でも独自の路線を突き進む一風変わったソフトメーカーであり、このアドベンチャーの「Forest」もその一つである。
「不思議の国のアリス」「ピーターパン」などイギリスの古典童話と現代の新宿を融合したカオスな世界観に、プレイヤーの意識が吸い込まれていく。
 普通のアドベンチャーよりも難易度が高いこともカオスな「Forest」の世界観を映し出しているといえる。このカオスさが、一般ゲームでは表現できず、また開発費の安いPCゲームだからこそ、できる世界観と言えよう。
 なお、このゲームを手がけた星空めておさんはTYPE-MOONに移籍した。

 そして、2004年4月28日、KeyからWindows用ソフト一般ゲームとして「CLANNAD」が発売された。性要素を排除した一般Windows用ソフトでありながらも、10万本も売れたことで美少女ゲームは性的描写がなくても売れることを証明し、それは同時に、美少女ゲームが一般的にも浸透してきたことを表す証でもあった。
posted by 宋江 at 01:24 | game | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジャンルが多角化する美少女ゲームの中で生まれた「AIR」

ジャンルが多角化する美少女ゲームの中で生まれた「AIR」

 ・ 発展する美少女ゲームと児童ポルノの法的整備

 1999年、児童ポルノ法が成立し、児童ポルノの販売や製造、譲渡や販売目的での所持を禁じた。ただし、アニメやゲーム、マンガなどはそれに値しなかった。

 泣きゲーのヒットによって、美少女ゲームを取り扱う店が多くなり、流通ルートが広がりだした。美少女ゲームの本数が急激に伸びだし、1年間に400、500本が当たり前となった。

 AIRが発売した2000年は色んなジャンルが開拓され、様々なメーカーが現れる。ジャンルやボリュームが豊富になる中で、美少女ゲームの背景と共にAIRについて知っていこう。

 ・ 続出する泣きゲー

 「ONE 〜輝く季節へ〜」「Kanon」のヒットにより、美少女ソフトメーカーはシナリオにこだわった泣きゲーをテーマにしたソフトを作るようになった。
 1999年6月25日、D.Oから恋愛アドベンチャーゲーム「加奈 〜いもうと〜」、2001年11月2日同メーカーから「家族計画」が発売された。どちらも山田一がシナリオを書いており、泣きゲーのジャンルに入る。
 2000年8月31日、ねこねこソフトから「銀色」が発売され、2001年4月13日には「みずいろ」が発売している。この二つのソフトもねこねこソフトを代表するソフトであり、特に「みずいろ」はアンインストールしたら、HDD内のすべてが消えるという地雷があり、この頃から面白くないゲームやリスクがあるゲームは「地雷」という名称がつくようになった。
 一方、「加奈 〜いもうと〜」「銀色」のソフトは欝ゲーとも言われており、プレイヤーを欝にさせるゲームでもある。今まで、プレイヤーを欝にさせるゲームはあったが、それが欝ゲーと揶揄されようになったのはこの時期からである。

 ・ 欝ゲーの境地「君が望む永遠」

 2001年8月3日、美少女ソフトメーカー、アージュはWindows用ソフト「君が望む永遠」を発売した。
 第一章と第二章と分かれており、第一章が丸々体験版として配布していた。そして、第一章の最後にはとんでもないことが起こり、その先が気になるプレイヤーの心をつかむことに成功した。アージュのこの体験版戦略は「マブラヴ」にも続いており、他のメーカーも体験版戦略に注目させるきっかけとなった。

 気になる内容は従来の恋愛ゲームとは違い、逃げ場のない三角関係が中心であり、どの選択もプレイヤーには重たい選択肢で、プレイすると現実的に憂鬱になる“欝ゲー”のジャンルを確立し、精神的な重圧を味わう欝ゲーという分野が広まりだした。

 君が望む永遠は後にアニメ化とされており、OVAも発売されている。君が望む永遠は今までの美少女ゲームにはない、修羅場と言う現実を味わうことができた。


 ・ 魔法少女リリカルなのはの元ネタ「とらいあんぐるハート3」

 同じ三角関係で忘れてはならないのはWindows用ソフトの「とらいあんぐるハート」シリーズ(通称とらハ)。全シリーズを通して、都築真紀が企画、脚本、キャラクターデザインを手がけた作品でもある。1998年12月18日、「とらいあんぐるハート」がivoryから発売された。当時、恋愛学園モノが主流であり、この作品も市場にありふれた作品であっただが、丹念に練りこまれたキャラクターが人気を呼んだ。
 1999年7月30日「とらいあんぐるハート2さざなみ女子寮」、2000年2月25日にはファンディスク「とらいあんぐるハート ラブラブおもちゃ箱」、2000年12月8日「とらいあんぐるハート3 〜Sweet Songs Forever〜」が発売される。特に、「とらハ3」は恋愛要素だけでなく、バトル要素も組み込み、美少女ゲームでは珍しく主人公が強くて魅力あるゲームであった。また、人気音楽ユニットのI'veを起用し、当時としては珍しいゲーム中に挿入歌を組み入れたことで、美少女ゲームは新たな展開を見せる。

 その後、2001年6月29日にファンディスク「とらいあんぐるハート3 リリカルおもちゃ箱」が発売し、この中には「とらハ3」のスピンオフ作品の「魔法少女リリカルなのは」が収録された。主人公の義妹である高町なのはが主人公のこの作品は「とらハ3」のネタから生まれたものだったが、ファンの声に答え、収録された。
 ファンディスクの小ネタにも関わらず、ボリュームがあったことや、ストーリー中、性的描写がなかった(ただし後日談にはある)ことなど、純粋な魔法少女を描いたことが評価された。

 後に、とらハ3は一般向けのOVAにもなり、2003年にキングレコードから「とらいあんぐるハート 〜Sweet Songs Forever〜」が発売された。その後、スピンオフ作品である「魔法少女リリカルなのは」が2004年10月からアニメ化され、「魔法少女リリカルなのはA's」「魔法少女リリカルなのはStrikerS」と続く。原作とは大きく設定やキャラクターが変わり、ほのぼの恋愛から過激な魔法少女モノへと変化したが、それが高評価を受けた。「とらハ3」のバトル要素が「魔法少女リリカルなのは」に受け継いだ意味では、「とらハ」の匂いを残しているかもしれない。

 ・ 問題作「はじめてのおるすばん」

 児童ポルノ問題がまだ今よりも問題視されていない時代、2001年12月28日、ビジュアルアーツ傘下のブランドZEROが送り出した「はじめてのおるすばん」が発売した。どうみてもそれは年少の少女にしかみえないキャラクターの恋愛アドベンチャーに発表された当時は話題となった。
 発売した当初売れ行きは好調で、「はじめてのおるすばん」を求める難民が出てくるほどだった。よくクーラーが壊れるゲームでもあった。

 ゲーム冒頭で「この作品はフィクションなの。でね、登場する人名、団体名、地名、職業などは、ぜ〜んぶぅ、架空のものだよ〜。だからね、おにいちゃん、実際のものとは関係ないの。んとねぇ、んとねぇ、作品中に出てくる人物は、みぃんな、18歳いじょうだよ。過激な性的、暴力的表現、行為は絶対マネしちゃだめだからね!」と注意している。
 一旦、ギャグではあるが、色んな意味で問題性のあるゲームはこういった注意書きを最初の冒頭でするようになったのは、はじめてシリーズがさきがけといえよう。

 他にも、ニトロプラスの「Phantom 〜Phantom of inferno〜」やCIRCUSの「水夏〜SUIKA〜」、Leafの「こみっくパーティー」など、美少女ゲームはメーカーごとに特色のあるジャンルを生み出していく。
 そんな多彩なジャンルが出てくる中、Keyは独自の路線を行き、2000年9月8日に18禁Windows用ソフト「AIR」が発売した。

 ・ AIR

 恋愛アドベンチャーゲーム。冬の色を強く出した「Kanon」とは違い、今作は夏の海辺の田舎町で偶然出会った少女達と過ごす一夏の物語である。

 人形遣いである青年、国崎往人が「この空のどこかにいる翼の生えた少女」に出会うために、一人旅をする中、ヒロインの神尾観鈴と出会い、彼女の家に居候することとなる。

 オープニングテーマであるLiaが歌う「鳥の詩」は、未だに美少女ゲームに語り継がれている名曲であり、アメリカ、ロサンゼルスでレコーディングしたことでも有名である。Keyが作り出す独特の雰囲気は音楽から来ているのかもしれない。
 また、この頃からKeyは「Key Sounds Label」というレーベルを所有し、Keyが製作した美少女ゲームやリミックスの音楽CDを、アニメショップ・パソコンソフトで取り扱うようになった。
posted by 宋江 at 01:24 | game | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Keyの始まり「Kanon」

Keyの始まり「Kanon」

 ・ 1996年を境に分かれる二つの道

 1996年を境に、美少女ゲームはゲーム性のあるゲームと、ビジュアルノベル風のアドベンチャーゲームの二つへと分かれていく。前者は性的描写が強い大人のゲーム、後者はシナリオを重点に置いたキャラクターゲームの色合いが強い。

 例えば、elfの1998年3月27日Windows用ソフトで発売された「臭作」は、女生徒を脅迫するいわゆる凌辱ゲームである。女性キャラクターに音声があることや、独特の男の美学を持つ伊頭臭作というキャラクターに魅力があったことなどから、異例の10万本を超えるヒット作である。だが、ゲームを進むに連れて、エロを目的としたプレイヤーに、これはゲームなんだという現実へと引き戻される痛いしっぺ返しが来ることで話題となった。
 基本的に、アダルトゲームは、ゲーム性のあるゲームでも凌辱描写がないと強い刺激にならない。それは性的嗜好を満たすことと以外にも、ゲームという自分の意志が反映される場で現実ではしてはいけない罪を犯すということでもある。それ以外にも、他の人間からの寝取られることがないように、美少女を守る強い“動機”を持つようになる。
 それ以外にも人間のイヤらしさを生々しく描くストーリー性のあるシナリオもまた、魅力的だといえる。アダルトゲームは凌辱をある程度取り入れなければ、良質のあるゲーム性とシナリオを生み出せず、そうそう魅力的なものが作れない。官能小説以外にも、性的嗜好に一定の文化性を持つようになった。
 ただし、この頃からCGの質もよくなったことで音声がついたことで、ゲーム性を極力省いた性的描写の多い美少女ゲーム(いわゆる抜きゲー)が発売されるようになってきたこともまた事実である。そういうのが発売される背景は開発コストやリスクが少なく、従来のアダルトゲームシナリオと比べてシナリオプロットが簡単であることと、パソコンを買う動機がエロ目的だった時代に、アダルトゲームはある程度売れることが最大の理由だといえよう。
 更に、Leafのビジュアルノベルシリーズのヒットで、その流れは加速化することとなった。美少女キャラクターに対する性的嗜好を持つ者が増えていくのであった。
 しかし、抜きゲーで儲けた利益分から、別のゲームを作る開発費にも回されることも忘れてはいけない。会社が倒れてしまったら、元も子もないからだ。大型作品や新たなジャンルを開拓する意味でもこの抜きゲーは、美少女ソフトメーカーにとって大切なプラットホームでもあるのだ。

 美少女ゲームがゲーム性のあるゲームとゲーム性が省かれたゲームの二つに分けられていく中、株式会社ビジュアルアーツはKeyを設立し、感動系恋愛アドベンチャーゲーム「Kanon」を生み出すこととなる。

 ・ Keyの処女作「Kanon」

 1998年、「ONE 〜輝く季節へ〜」を手がけたTacticsのメンバーが株式会社ビジュアルアーツへと移籍し、美少女ゲームブランドKeyが設立した。

 この頃のビジュアルアーツは、凌辱系や抜きゲーにこだわったブランドを所有する親会社である一方、実験的なジャンルを次から次へと開拓していた。
 例えば、当時、ビジュアルアーツの傘下であったスタジオメビウスは1996年4月「悪夢 -青い果実の散花-」や1999年9月10日「絶望-青い果実の散花-」を発売し、鬼畜系ソフトとしてのブランドを確立していた。恋愛モノも発売していたが、それほど話題に上がることはなかった。

 そんなブランドを所有するビジュアルアーツはTacticsのメンバーを迎えたことで、感動系恋愛ゲームを製作することとなった。

 Tacticsのメンバーを迎えてから1年後、Keyは1999年6月4日にWindows用ソフト「Kanon」を発売した。当時、話題作であった「ONE 〜輝く季節へ〜」のスタッフということもあり、多くのユーザーは「Kanon」に注目したこともあり、処女作にも関わらず、大ヒット作になった。場所が大阪ということもあり、Leafと並ぶ恋愛アドベンチャゲームのブランドとして認知されるようになった。 

 両親の海外赴任によって、叔母の水瀬家へと居候する相沢祐一。少年時代、この雪の街で過ごしていたが、今はその記憶がない。彼はこの街で学園生活をする中、5人の少女と出会い、夢を通じて幼い頃の記憶を取り戻していく。

 樋上いたるが描く個性豊かなキャラクターと、麻枝准が書く個性のあるキャラクター達との充実した日常と、それとはギャップのあるそれぞれのキャラクターが持つ宿命が「Kanon」の売りとなっている。

 「Kanon」は当時、美少女ゲームでは珍しいオープニングテーマとエンディングテーマがつき、オープニングテーマの「Last regrets」はカラオケになるほどの人気となり、美少女ゲームの主題歌として、一つのジャンルとして開拓することとなった。「Last regrets」はゲーム音楽専門のI'veの名前を広める曲にもなり、その後、音楽クリエイターたちの発展の場として、美少女ゲームで活躍するようになった。
posted by 宋江 at 01:24 | game | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。